FMいかる(所在地・綾部市)など京都府内のコミュニティーFM5局は11日、NHK京都放送局(京都市)と、大災害時のニュース利用に関する覚書を締結する。豪雨や大地震の発生時や発生が予測される際に、NHK発の広域的なニュースが地元のFM局で聞ける。

 5局はFMいかるのほか、FMうじ(宇治市)、FM845(京都市伏見区)、FM丹波(福知山市)、FMまいづる(舞鶴市)。

 大災害時に限り、NHKがテレビ、ラジオ、インターネットで発信する避難や被害のニュースを、5局がリライトして自局の放送エリア内で使用できる。

 コミュニティーFM局は災害時に安否や避難の地域情報をきめ細かく発信できる一方、広域的な情報の提供に課題があった。覚書は11日から発効する。