日本サルベージサービスが23日に国内で発売する台湾のビール「バックスキン」

日本サルベージサービスが23日に国内で発売する台湾のビール「バックスキン」

 クレーンリースの日本サルベージサービス(京都市南区)は、台湾の総合飲料大手、金車(キングカー)グループが手掛けるビール「柏克金(バックスキン)」を日本で初めて23日に発売する。日本での独占販売契約を結び、アルコール飲料の輸入販売に参入する。


 国際物流事業を通じてつながった金車と組み、金車が2018年に台湾に投入したビールをネット通販で取り扱う。金車は缶コーヒーが主力で、人気のウイスキーブランド「KAVALAN(カバラン)」も手掛ける。

 バックスキンは、米やコーンなどの副原料を用いないドイツの伝統的な製法で醸造したビール。日本サルベージは、定番や季節限定商品など全9種類を缶と瓶で販売する。アルコール度数は4・9~5・6%。缶は330ミリリットル、価格は1本473~528円。通販サイトは「NSS MARKET」。