京都府庁

京都府庁

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、京都府が改正特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令を政府に要請する方向で調整していることが21日、府関係者への取材で分かった。近く対策本部会議を開いて議論する。

 府内の感染状況は19日時点で1日当たりの新規感染者数が1週間平均101・43人に上り、感染拡大が続く。確保病床の使用率は54・3%で、政府の分科会が示す指標で最も深刻な「ステージ4(爆発的感染拡大)」に達している。

 府は飲食店などに対する営業時間短縮要請の効果は限定的でより強い対策が必要だと判断し、感染者が最多で対策の中心となる京都市などと宣言要請に向けて最終調整している。

 緊急事態宣言を巡っては、大阪府が20日に政府へ発令を要請した。兵庫県は21日に対策本部会議を開いて要請の方向で議論する見込み。政府は東京都、大阪府、兵庫県に緊急事態宣言を発令する方針を固めている。