新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は21日、10歳未満~80代の男女計46人が新型コロナウイルスに新たに感染し、既に感染が判明していた男女31人から変異株を確認した、と発表した。県内の感染者数は計3325人、変異株判明は計159人となった。

 新たな感染者は、2人が中等症で、ほかは軽症か無症状。居住地別では、大津市14人、長浜市10人、守山市7人、草津市6人など。

 クラスター(感染者集団)関連で、長浜市の神照小で新たに児童5人が感染した。同小の感染者は教職員を合わせ計11人となった。すでに23日までの臨時休校を決めている。

 また、大津市は21日、市立幼稚園と民間の保育施設で園児各1人、市立小で児童1人の感染が確認されたと発表。幼稚園は22~24日、保育施設は22日から5日間程度休園する。