かやぶき屋根に大小の木が生えている重文の石田家住宅(京都府南丹市美山町樫原)

かやぶき屋根に大小の木が生えている重文の石田家住宅(京都府南丹市美山町樫原)

 日本最古の農民家とされる京都府南丹市美山町樫原の国の重要文化財「石田家住宅」のかやぶき屋根に木々が生え、雨漏りがするなど傷みが目立ってきている。地元保存会は「このままでは大切な文化財が台無しになりかねない」と早期の改修を求めている。


 同住宅は江戸初期の1650(慶安3)年に建てられたことが判明し、建築年代が分かる最古の農民家として1972年に重要文化財に指定された。
 屋根は73年からの解体復元工事でふき替えられて以降、本格的なふき替えは行われていない。最近は特に傷みが激しくなり、北側一面には木がいくつも根付き、高さ2メートル近くに生長しているものもある。南側はさらにひどく、縁側付近で雨漏りがするほどという。
 住民や観光客からは「屋根が抜けたりしないか」「早く手当をしないと大変なことになるのでは」と心配の声が出ている。
 同住宅の保存団体である南丹市は「府と修理内容について協議中で、できるだけ早く改修に着手したい」(市教委文化財保護係)としている。
 市から管理を委託されている同住宅保存会の山口恒一代表(67)は「貴重な文化財であり、多くの人に見に来てもらうためにも一日も早くふき替えてほしい」と話す。土日祝日に公開。無料。