立憲民主党の泉健太政調会長

立憲民主党の泉健太政調会長

 日本学術会議が22日の総会でまとめた会員候補6人の速やかな任命を求める声明について、立憲民主党の泉健太政調会長(衆院京都3区)はこの日の記者会見で「学術会議の方針に同意する」と支持を表明した。

 政府・与党が見直しを求めていた組織の在り方についても「学術会議とこれまでの政府の関係性は適切な距離感だった。政府における位置付けがあるからといって、すべてコントロール下に置くものではない」と述べ、従来の設置形態で問題ないとの認識を示した。

 共産党の志位和夫委員長も会見で「任命拒否を撤回できるのは首相しかない。政府として学術会議の総意を真(しん)摯(し)に受け止めて、きっちりと任命を行うべきだ」と強調した。