新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は22日、新たに未就学児から90代の男女計148人が新型コロナウイルスに感染し、2人が死亡したと発表した。中等症4人、調査中25人のほかは軽症か無症状。感染経路不明は74人。府内の感染者は計1万1427人になった。

 京都市の発表分は81人。クラスター(感染者集団)関連では、これまでに27人が感染した東山署で署員1人、すでに10人が陽性となっている京都医療センター(伏見区)で職員1人の感染が新たに分かった。4人が感染した市内の医療機関で新たに患者1人の陽性が分かり、新たなクラスター発生と見ている。府立消防学校(南区)では初任科生2人の感染が判明し計7人となった。

 府の発表分は67人。これまでに11人が感染した乙訓の介護事業所で職員2人の陽性が分かった。居住地別では宇治市18人、福知山市7人、長岡京、八幡市6人、和束町5人、亀岡、綾部市4人、向日市3人、京都、京田辺、宮津市、大山崎町で2人、城陽、木津川、南丹、京丹後市、井手、精華町が1人。