越直美氏

越直美氏

大津市長を退任する際、笑顔で会見する越直美氏(2019年11月、大津市)

大津市長を退任する際、笑顔で会見する越直美氏(2019年11月、大津市)

 ソフトバンク(東京)は23日、前大津市長で弁護士の越直美氏(45)を社外取締役に迎える役員人事を発表した。6月に開く株主総会で正式決定する。

 越氏は米ハーバード大ロースクール修了。日米で弁護士活動をしていたが、2012年1月の市長選で初当選し、36歳で全国最年少の女性市長となった。2期8年務め、20年1月に退任。現在は東京の弁護士事務所に入り、別の会社でも役員に就いている。

 ソフトバンクは、越氏を選んだ理由について地方自治の経験や女性活躍推進の活動などを挙げ「ダイバーシティー(多様性)の観点からも多角的で活発な議論を期待したい」とコメントした。