大津署

大津署

 滋賀県警大津署は28日、強制わいせつ致傷容疑で、湖南広域消防局の消防副士長の男(28)=強制わいせつ未遂罪で起訴、栗東市=を再逮捕した。
 再逮捕容疑は、8月21日午前1時15分~同20分、滋賀県栗東市の路上で、女子大学生(21)に背後から抱きつき、手で口をふさいで胸を触ったり、押し倒して馬乗りになって胸を触るなどして、両膝や左肩に全治8日の打撲などをさせた疑い。
 同署によると、大学生は知人宅に徒歩で向かっていた。大学生が「110番する」と言うと、男は逃走した。男は8月に大津市で女性を無理やり触ろうとしたとして9月に強制わいせつ未遂容疑で逮捕されており、栗東市の事件についても自供した、という。
 湖南広域消防局によると、男は20日が公休日で、21日午前8時半から勤務だったという。
 堀井英幸消防局長は「心からお詫び申し上げる。一層の綱紀粛正、倫理観の向上に努める」とのコメントを出した。懲戒処分は判決確定後に決定するという。