<京の知恵 しあわせの食 小宮理実>

 こんにちは。料理研究家の小宮理実です。いよいよ最終回となりました。ラストに選んだのは、私が家族のために作った家ごはんです。

 夫の誕生日に作ったのは、この時期ならではの貴重なであいもん(出会い物)の「牛肉とタケノコの花ざんしょう鍋」です。香り高いさんしょうの花と、朝採れのタケノコを、濃いめのおだしで、しゃぶしゃぶでいただきます。花ざんしょうが手に入らないときには、ゆでた菜の花でも。

 「新キャベツの豚肉巻き」は、塩を振り、水分を絞って巻いた新キャベツを軸にしています。豚バラ肉を上から巻いて塩・こしょう、薄力粉を振り、外側がカリッとするまでよく焼きます。甘めのしょうゆダレを回しかけます。

 「ワラビとお揚げさんの炊いたん」も旬の一品。細切りにした揚げをやや甘めのおだしに入れ、下ゆでをして切り分けたワラビを入れてさっと煮ます。

 「ふっくらトンカツ」は、薄力粉と牛乳、溶き卵を合わせたトンカツ用のバッター液にくぐらせています。牛乳を使うと豚肉が優しい風味になります。このバッター液で肉をしっかりコーティングすると、パン粉が均等につくのです。180度の油で揚げ、きつね色になったら引き上げ、しばらく余熱に任せてから切り分けます。

 「ササミと大葉ミニトマトのチーズ巻き」は、包丁を入れて広げたササミ肉に、大葉とミニトマト、とろけるチーズをのせて、くるっと巻いてパン粉を付けて揚げたもの。こちらは手軽にカリッと仕上がる天ぷら粉を使いました。同量の水で溶いたものにくぐらせてからパン粉をつけます。じっくり揚げたら、こちらも5分ほど置いてから半分に切り分けます。

 「水ようかん」は、粒あん、粉寒天、グラニュー糖で作ります。鍋に水と粉寒天を入れ、沸騰したら弱火にしてよくまぜます。グラニュー糖、粒あんを加え、鍋底をこするようにまぜ、やや全体が締まってきたら水でぬらした型に入れ、粗熱を取ってから冷蔵庫で冷やし固めます。甘くつるんとした食感は食後のデザートにもぴったりです。(料理講座「幸せ運ぶフクチドリ」主宰)

ホームページ「料理研究家・小宮理実」(https://komiyarimi.com/)


◆小宮理実 こみや・りみ 1971年京都市上京区室町生まれ。おせち料理・行事食研究家。家庭で作る季節の行事食を伝えており、食育活動のほか、商品開発も手掛ける。著書「福を呼ぶ京都 食と暮らし暦」「京のおばんざい四季の味」。