歌舞伎俳優市川海老蔵(43)と長男堀越勸玄(かんげん)(8)が6月、親子そろう形では初めて京都に見参する。「海老蔵歌舞伎」と銘打つ公演を南座(京都市東山区)で開催。近江が物語の舞台の名作「実盛(さねもり)物語」で親子共演し、幕末の洛中から始まる新作舞踊「KABUKU」と合わせ、2本立てで上演する。代々が伝えてきた歌舞伎への熱情、京での歩みを踏まえ、父と子で思いをつなぐ機会にもなりそうだ。

 歌舞伎発祥の地・京都で、息子に何を感じてほしいか―。そう質問すると、海老蔵は