大麻

大麻

京都府内で発見されたセティゲルム種のケシ(手前の紫色の花)

京都府内で発見されたセティゲルム種のケシ(手前の紫色の花)

 京都府は、薬物乱用を防止するため、5、6月の「不正大麻・けし撲滅運動」でパトロールを強化する。

 大麻・ケシは、大麻取締法とあへん法で所持や栽培が制限されている。ケシはこの時期に花が咲き、生育が確認しやすい。京都府の乙訓保健所は、見つけた場合はそのまま抜かずに同保健所か京都府警向日町署への通報を呼び掛けている。

 京都府内では昨年度、ケシは68件、大麻は1件の発見件数があり、それぞれ7952本と8本を除去した。