滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は26日、県営競艇「ボートレースびわこ」公式インターネット番組の企画・制作を、入札資格を満たさない業者に委託していたと発表した。業者が県の競争入札資格者名簿への再登録を忘れ、県も確認を怠っていた。

 県はプロポーザル(提案)方式で業者を公募し、昨年8月から動画投稿サイト「ユーチューブ」でレースの生配信を始めた。県の名簿に掲載された業者のみ応募できるが、昨年11月25日以降の3契約を結んだ業者は、企画の提案時点で名簿登載の有効期限が切れていたという。

 県事業課は「事業者や県民の信頼を損ねることになり申し訳ない。参加資格を複数人でチェックするなど再発防止に努める」としている。