新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 京都府と京都市は26日、未就学児から90代までの119人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。中等症1人のほか、調査中を除き軽症か無症状。感染経路不明は42人。府内感染者は1万1998人になった。

 京都市の発表は69人。居住地別では、京都市65人、宇治市・八幡市・向日市・滋賀県各1人。

 府の発表分は50人。京都翔英高校(宇治市)の硬式野球部寄宿舎で、クラスターが発生。府保健所が21日以降10人の陽性者を確認、25、26日に新たに22人の感染が判明し、計32人となった。同高関係者によると、感染者32人は全員同部所属の男子生徒という。同部は2013年選抜大会と16年全国選手権の春夏2回、甲子園に出場している。

 また京都市消防学校(南区)では新たに初任科生1人の感染が判明し、計11人となった。居住地別では、宇治市24人、長岡京市7人、福知山市4人、城陽市3人、木津川市・精華町各2人、向日市・京都市・八幡市・亀岡市・綾部市・宇治田原町・与謝野町と大阪府が各1人。

 また、京都府は26日までに、15日と17日に発表した新規感染者のうち、計2人が本来は陰性だったと発表した。検査機器の自動判定結果に誤りがあったという。