「会場を満員にして金メダルを取る」。東京パラリンピックのアーチェリー代表、上山友裕=三菱電機、同志社大出=は、何度もそう公言してきた。マイナーな競技イメージを変えようとメディアや会員制交流サイト(SNS)でも積極的に発信してきた。2020年の夏が、競技生活最大のゴールとなるはずだった。新型コロナウイルス禍で東京パラの延期が決まり、国際大会がすべてなくなった。試合勘への不安。本番で観客は入れるのか。逆境は続くが、世界と戦うパラアーチャーは言う。「(開催について)世間の声はいろいろあるけど、気持ちがゆらゆらしては、アスリートとして戦えない」。金メダルを射抜くまで、照準はぶれない。
 7位だったリオデジャネイロ大会から…