新型コロナウイルスによる死者は国内で1万人を超えた。死別は遺族の心身に大きなダメージをもたらすが、感染症への差別を恐れ、周囲に支援を求めることができない人もいる。かつて同じ苦しみを味わったのが、薬害エイズ事件の遺族だ。国や製薬企業との和解成立から今春で四半世紀。当時困難に直面した遺族は今、何を思うのか。(岸本鉄平)

 「陽性やったわ」。1987年春、江口洋子さん(86)=兵庫県西宮市=は夫の継男さん(91年6月、46歳で死去)からエイズウイルスに感染したことを聞かされた。夜道を走る車中でのことだった。

 継男さんは血が止まりにくい血友病の患者で、幼少期からひどい痛みを伴う内出血に苦しんできた。関節の周りがぱんぱんに腫れ上がり、横になれなくなることもしょっちゅうだった。そんな時は、江口さんが一晩中、ベッドから転がり落ちないよう背中を支えて過ごした。

 血友病の治療には、血を固める「凝固因子」を補充する血液製剤が使用されていた。薬害エイズ事件は、ウイルスに……