店頭で目立つように自立型の袋を採用した「炊き込みごはんの素」

店頭で目立つように自立型の袋を採用した「炊き込みごはんの素」

新デザインのラベルの裏に両面テープを貼る大井さん(大津市野郷原2丁目・あめんど)

新デザインのラベルの裏に両面テープを貼る大井さん(大津市野郷原2丁目・あめんど)

 ひきこもりの若者らの自立支援に取り組む大津市のNPO法人「あめんど」が製造販売する「炊き込みごはんの素」のパッケージデザインを、滋賀県立大(彦根市)の学生が改良した。「同情や応援でなく、気に入って買ってもらえる商品に」と願い、人目を引くデザインに一新、売り上げ増を狙う。

 同法人は2011年設立。野外キャンプなど小学生向け体験学習や、不登校の子らの学習支援に取り組む。ごはんの素の製造は就労支援の一環として15年に始めた。県内の18歳~30歳代の男女約10人が、にんじん、ごぼうなどの野菜を裁断し、専用機械で乾燥して袋詰めするまでの一連の作業を担っている。


 大津市や草津市、守山市の商業施設、道の駅など県内8カ所で販売中だが、従来品はラベルも地味で目立たなかった。同法人代表理事の恒松睦美さんは「応援で買ってもらうのでは若者らの自信に結び付かない」と、昨春からプロダクトデザインを研究する県立大・南政宏講師と連携し、改良に着手した。


 南さんはブランド力向上のため屋号を「蒼天(そうてん)堂」と名付け、店頭で目に付きやすいように自立型袋の採用を提案。ゼミ生への課題でラベルデザインを考案させた。採用された4年原田佳那さん(21)=東近江市=の案は青と黄金色のレトロな趣の絵柄。原田さんは「老舗をイメージする蒼天堂の名を視覚的に表現した」と語る。


 具材の量は変えず、付属のタレを守山市の老舗しょうゆ店のものに変更し、従来より100円高い1袋470円で販売を始めた。単価アップを狙い、県内産キクラゲ入りを770円で新発売した。月に計約300袋を生産する。


 恒松さんは「百貨店やお土産屋に並べても遜色のない高級感がある。販路拡大にもつなげたい」と話す。ラベル裏に両面テープを貼る作業を担当する大井絵美子さん(22)=大津市=は「きれいなラベルで売り上げアップになればうれしい」と喜ぶ。