予想外の事態に琵琶湖畔を拠点とするNPO法人「瀬田漕艇倶楽部」コーチの杉藤洋志(51)=草津市=は絶句した。緊急事態宣言下の4月末。ボート強豪国ニュージーランド(NZ)の五輪事前合宿先に決まっていた大津市内のホテルが新型コロナウイルスのあおりで突然、廃業した。
 ボート日本代表だった杉藤の元に、NZ関係者から合宿の打診があったのは2年前。以降、産官を巻き込んで誘致に奔走した。琵琶湖からほど近いホテルを手配し、漁業者らと協議を重ねて国際基準の2000メートルコースを湖面に仮設できるお膳立てをした。都内に宿も確保するなど約60人規模の選手団を迎える準備を整え、今年、ホストタウンになっている大津市の相手国としてNZが追加登録された。
 誘致成功の決め手の一つだったホテルが閉鎖したことに、杉藤は…