新型コロナウイルスの対応に当たる京都市保健所で、長時間労働が常態化していることが浮き彫りとなった。感染が再拡大した冬の「第3波」で市は増員を図ったが、