中世の山城跡として京都府内で初めて発掘調査が行われたのが、笑路(わろうじ)城だ。標高414メートルの松尾山にあり松尾城とも呼ばれる。調査は…