京都府北部の各市町は移住への関心の高まりやコロナ禍を受けた働き方の変化を地域の活力につなげようと、関連事業を充実させている。住宅の確保にとどまらず、仕事の環境整備を絡めた支援が目立つ。

 宮津市は旅館やホテルを対象に、会社から離れた場所でのテレワークや休暇の滞在先で働くワーケーションを客が利用しやすいよう、パーティション設置やネット環境の改善に最大25万円を支援する。伊根町は新規就労の個人漁業者に船や漁具などの初期費用の半額を300万円まで……