森半のほうじ茶クリームパン ※撮影の都合上、カットしております

 「抹茶を使ったパンは、周りのパン屋でやってはるんですけど、ほうじ茶はやっていなかったし、面白いかなと思ってつくりました」と店主の森重之さん。「京都宇治・森半」のほうじ茶パウダーが、生地と中身の自家製カスタードクリームに入っている。焼き上げたパンが冷めてから、ほうじ茶パウダーと粉糖を混ぜたものを仕上げにかけるという徹底ぶり。ほろ苦い風味のほうじ茶だが、子供でも食べられる基準でつくっているのが、森さんのポリシーだ。

Wälder(京都市中京区)

商品名:森半のほうじ茶クリームパン
価格:237円(税込み)
店名:Wälder(ワルダー)
住所:京都市中京区麩屋町通六角下ル坂井町452ハイマート・ふや町1階
営業時間:午前9時~午後7時
定休日:木曜
電話番号:075(256)2850
期間:通年

「読者の好きなパン」アンケート(募集は締め切りました)

抽選で「特製コトりさんパン皿」プレゼント

プレゼントの特製「コトりさんパン皿」のイメージ(皿の形やデザインは変更される場合があります)

 ☆「一日一パン」は、京都市を中心に、京都や滋賀のパン店をめぐり、毎日ひとつのパンを取り上げ、写真と記事で魅力を紹介する、「ライトプラン」以上の有料会員向け記事です。ゴールデンウイーク期間の4月29日~5月5日の間に公開される記事は、GW特別企画として期間限定無料でお読みいただけます。

 この機会に、読者のみなさんの好きなパンについて、アンケート(選択・コメント自由筆記)を実施します。アンケート投稿には京都新聞ID会員への登録が必要です。5月5日締め切りです。  

 回答は、5月下旬に「一日一パン読者アンケート特集」として紹介する予定です。コメントには、住所(市町村区)、年代、性別、職業(学生)を掲載いたします。お名前は申し込み時に記入していただきますが、記事には表示いたしません。

 お答えいただいた方から抽選で20人に特製「コトりさんパン皿」をプレゼントします(当選発表はパン皿の発送をもって代えさせていただきます。コメントの採用とプレゼントの当選は関係ありません。抽選結果のお問い合わせにはお答えできません)。

 ぜひ、パンへの愛情ある回答をお寄せください。