子どもたちの前で演奏する塾生たち(京都市左京区・ロームシアター京都)

子どもたちの前で演奏する塾生たち(京都市左京区・ロームシアター京都)

 小澤征爾音楽塾などが主催する子ども向けのオペラ鑑賞会が12日、京都市左京区のロームシアター京都であった。府内の小学6年生約3千人が招かれ、若手音楽家でつくる塾生オーケストラや海外から招いた声楽家らが、歌劇「カルメン」の一部を上演した。

 塾生たちは開演前、オーケストラの紹介を兼ねて13種類の楽器別に客席から現れ、人気のアニメや特撮映画のテーマ曲などを次々と演奏。闘牛士役の歌手も、有名な「闘牛士の歌」を歌いながら児童らの前を行進し、歓声を誘った。

 この日の上演は、午前と午後の2回あり、いずれも京都市交響楽団首席客演指揮者の下野竜也さん(49)がタクトを振った。午前の回では、15日に同シアターで開幕する本公演で指揮する音楽監督の小澤征爾さん(83)もサプライズで登場し、客席を沸かせていた。