新米先生が寒村の分教場に赴任し、1年生12人を受け持つ。壺井栄の小説「二十四の瞳」は、貧困や戦争に翻弄(ほんろう)される子どもたちの暮らし…