売り上げ規模が1兆円を超す京都の大手上場メーカー4社の2021年3月期決算で、連結売上高のトップが京セラから任天堂になったことが6日分かった。首位交代は11年3月期以来10年ぶり。