難病や重い障害を抱え、医療的ケアが必要な子どもを地域でどう支えるかが課題になっている。寝たきりの重症心身障害児の受け入れが可能な「重心型」と呼ばれる通所施設が少ないためだ。通所施設は看病する家族の負担を減らすためにも必要だが、看護師ら専門職員の確保が難しい上、採算も一般施設より厳しいため、数が少ないのが現状だ。