整備新幹線の建設などを担う独立行政法人の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(横浜市)の新たな正副理事長に京都市ゆかりの元官僚2人が就任した。事業主体となる北陸新幹線敦賀-新大阪の延伸では市内のルート選定や京都駅とのアクセスといった難題も想定され、土地勘や人脈を含めた市との連携強化に期待の声もある。