京都や大阪などに新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令される中で6日、ゴールデンウイーク(GW)が明けた。滋賀県内のホテルや行楽地にも例年のにぎわいは見られなかったものの、一部に県外利用者の姿が目立った所や昨年のGWより客が増えた所もあり、「コロナ慣れ」で人出が抑えられていない現状が浮き彫りとなった。