四条御旅所に向かって四条通を進む祇園祭の神霊渡御列(2020年7月17日、京都市東山区)

四条御旅所に向かって四条通を進む祇園祭の神霊渡御列(2020年7月17日、京都市東山区)

 八坂神社(京都市東山区)は7日、今年の祇園祭の神事について、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、昨年同様に規模を縮小して実施すると発表した。

 7月17日の前祭(さきまつり)と同24日の後祭(あとまつり)の山鉾巡行は昨年と同様に行わず、代表者による四条御旅所(下京区)での参拝などに縮小する。両日の神輿(みこし)渡御も神輿は動かさず、神霊を榊(さかき)にうつす「御神霊渡御祭」に代える。

 7月10、28の両日に四条大橋で行っていた神輿を清める「神輿洗い」は境内で行う。10日のお迎提灯、16日の宵宮神賑(しんしん)奉納行事、石見神楽、日和神楽は中止する。

 山鉾巡行は今年4月に祇園祭山鉾連合会が2年連続で中止を決めている。