トライアスロンの古谷純平(三井住友海上、洛南高―早大出)が東京五輪を目指す日本男子の中心選手として力を伸ばしている。2018年のジャカルタ・アジア大会では金メダルを獲得。就職先でトライアスロン部を創設するなど、自ら道を切り開いてきた。「幼い頃からの夢をかなえる」と意気込む。