哲学者の鷲田清一さんは、現代の社会について「待たなくてよい社会になった。待つことができない社会になった」と、著書「『待つ』ということ」で書…