陸上の東京五輪テスト大会が9日、東京都の国立競技場で行われ、男子3000メートル障害で洛南高出身の三浦龍司(順天堂大)が日本記録を18年ぶりに塗り替える8分17秒46で優勝し、五輪参加標準記録も突破した。

 男子3000メートル障害の三浦は最後の障害を越えると、ギアを上げた。日本記録を18年ぶりに更新し、右手でガッツポーズ。東京五輪代表に前進…