近年、情報番組や雑誌で特集されることが増えた、地域に根ざした中華料理店「町中華」。そんな中、京都市内の店をテーマにした著作「京都町中華倶楽部(くらぶ)」が、人気を集めている。筆者が約3年間で200店以上を巡り、町中華にふさわしい店を独自に選出した。増刷のたびに完売となっていて、著者は「京都の町中華を保存、記録する本にしたかった」と語る。