京都府警がアレフの施設から押収した麻原彰晃の写真やDVDなど(京都市南区・京都府警南署)

京都府警がアレフの施設から押収した麻原彰晃の写真やDVDなど(京都市南区・京都府警南署)

 オウム真理教の後継団体「アレフ」への入信を違法に勧誘したとして、京都府警公安課と南署は10日、特定商取引法違反(不実の告知など)の疑いで、信者の女(48)=京都市南区=を逮捕した。


 逮捕容疑は2018年9月1日、南区の飲食店で、ヨガ教室と偽ってアレフに勧誘するための講義の契約を女性(28)と結ぶなどした疑い。「黙秘します」と供述しているという。


 府警によると、別の信者2人が京都駅周辺で「ヨガのアンケートに協力して」と女性に声を掛けた。講義は、逮捕された女らが飲食店で十数回行い、地下鉄サリン事件とオウム真理教は無関係などと言って、アレフに勧誘したという。


 府警は同日、京都や大阪、北海道などアレフの関連施設7カ所を家宅捜索した。