全国知事会がオンラインで開いた新型コロナウイルス対策本部会議で発言する西脇知事(右)=10日、京都市上京区・京都府庁

全国知事会がオンラインで開いた新型コロナウイルス対策本部会議で発言する西脇知事(右)=10日、京都市上京区・京都府庁

 京都府の西脇隆俊知事は10日、オンラインで開催された全国知事会の新型コロナウイルス対策本部会議で、市町村が担うワクチン接種を支援する取り組みへの財政措置を国に求めた。

 市町村では集団接種会場や医療従事者の確保が課題で、府は府医師会と連携して医師や看護師らでつくる接種チームを派遣することなどを検討している。西脇知事は取り組みには費用がかかるとして、「国庫補助金の拡充をお願いしたい」と国に要請した。

 また、府内では変異株の割合が高まっているとして危機感を示し、国が早急に対処方法を示すように求めた。その上で「具体的な感染事例を踏まえた国民への分かりやすい呼び掛けが必要だ」と訴えた。