30~50代が中等症・重症になる割合が高まっていることをグラフで示し、感染対策の徹底を呼び掛ける三日月知事(大津市・県危機管理センター)

30~50代が中等症・重症になる割合が高まっていることをグラフで示し、感染対策の徹底を呼び掛ける三日月知事(大津市・県危機管理センター)

 滋賀県は10日、人の流れを引き続き抑制するため、11日までとしていた「ゴールデンウイーク緊急対応」を延長し、湖岸公園の駐車場の閉鎖を当面継続するほか、「Go To イート」事業の県内食事券や、県民限定の観光促進キャンペーン「今こそ滋賀を旅しよう!」利用券の発行停止も続けることを、新型コロナ対策本部員会議で決めた。一方、県立琵琶湖博物館(草津市)は予約制で人数制限ができるとして12日から再開する。

 県民に対し、大阪、京都など緊急事態宣言対象地域などとの往来自粛も引き続き呼び掛ける。