吉本興業側から京都市への請求書。「SNS発信」に計100万円との金額が記されている

吉本興業側から京都市への請求書。「SNS発信」に計100万円との金額が記されている

 京都市が施策を吉本興業所属のタレントにツイッターでPRしてもらうため、同社に100万円を支払う契約を昨年度に結んでいた問題で、市がツイートの内容を事前に確認していたことが28日、分かった。

 市市長公室によると、市出身の人気漫才コンビ「ミキ」の2人がツイートする前に、吉本側からメールで文面の送付を受け、内容を確認したという。市はツイートに公共交通の利用促進などの趣旨を盛り込むことを吉本側へ要請していたとしている。
 2018年10月に催された「京都国際映画祭」などのPR目的で、市はよしもとクリエイティブ・エージェンシー(現吉本興業)と業務委託契約を総額420万円で結んだ。同社所属のタレントが「京都市盛り上げ隊」としてステージやポスターへ登場するほか、2回にわたってSNSで発信するとの内容もあった。SNS発信の料金は1回50万円となっていた。
 ミキの2人は同年10月に、「京都を愛する人なら誰でも、京都市を応援できるんやって!」などとする計4本のツイートをした。ツイートには市が広告主と明確に分かる記載はないため、識者からは口コミを装った広告「ステルスマーケティング(ステマ)」の可能性があるとの指摘がある。