京都府警本部

京都府警本部

 ウェブサイトに不正アクセスするための「バックドア(裏口)」を作るプログラムを仕掛けたとして、京都府警サイバー犯罪対策課と南署は11日、不正指令電磁的記録供用の疑いで、草津市の自称ITコンサルタント業の男(42)=恐喝未遂罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は仲間と共謀して昨年10月1日、福岡市のミュージシャン男性(53)が運営する公式サイトのサーバーに不正アクセスや改ざんを可能にする裏口プログラムを仕掛けた疑い。

 府警によると、このプログラムはインターネット上に無料で流通し、サイバー攻撃のツールとして悪用されている。男が結成したハッカー集団はミュージシャン男性のサイトへの侵入を繰り返して内容を改ざんし、約10万円分の仮想通貨を要求する脅迫文を表示していたという。