生命力、強烈に精細に

初夏の海に赤翡翠(部分) 昭和37(1962)年ごろ 田中一村記念美術館蔵

亜熱帯×日本画、切り開く

 亜熱帯の島、奄美大島で独自の画風を追求した孤高の日本画家、田中一村の画業を振り返る「田中一村展-奄美へとつづく道」が12日から、美術館「えき」KYOTO(京都市下京区)で開かれる。

田中一村

 田中一村は1908年、栃木県生まれ。幼少から南画を習い、画才を発揮し、7歳の時に木彫家の父から「米邨」の号を与えられた。26年に東京美術学校(現東京芸大)に入学するが、わずか2カ月で退学。新たな日本画を目指し、千葉に移り住んで、20年間、ひたすら農村風景や動植物の写生に没頭した。

山村六月~北日向にて 昭和30(1955)年 個人蔵
菊図 大正4(1915)年 個人蔵

 名を一村と改め、戦後に画壇デビューしたものの日展や院展に次々と落選。新天地を求めて、58年、50歳の時に奄美大島へ渡り、紬(つむぎ)工場の染色工として働きながら、亜熱帯の多様な自然に魅了されて、新たな日本画の地平を切り開いた。

奄美の海に蘇鐵とアダン 昭和36(1961)年 田中一村記念美術館蔵

 ただ、77年に69歳で亡くなるまで、その成果が認められることはなかった。ところが、84年にNHK教育テレビ「日曜美術館」で紹介されると、大きな反響を呼んだ。南国の強烈な光、豊かな色彩を精細に表現しながらも、生と死をみつめる象徴性に満ちた作品群は強烈な印象を与えた。

 今回は、若き南画家としての栃木・東京時代、新しい画風を求めた千葉時代、そして、生命力あふれる作品を生み出した奄美時代の大きく三つに分けて、それぞれの時代の作品約80点を展示する。

クロトン 昭和34(1959)年 個人蔵
足摺狂濤 昭和30(1955)年 田中一村記念美術館蔵
岩上の磯鵯 昭和34(1959)~35(60)年頃 奄美大島商工会議所蔵

作品写真は(c)Hiroshi Niiyama 2021



【会期】 5月12日(水)~6月6日(日)会期中無休
【開場時間】 午前10時~午後7時(入館は閉館30分前)
【会場】 美術館「えき」KYOTO(ジェイアール京都伊勢丹7階隣接)
【入館料】 一般1100円、高・大生900円、小・中生500円
【主催】 美術館「えき」KYOTO、京都新聞
※新型コロナウイルス感染症防止のため開場時間を変更。
 状況により変更の可能性あり。