劇場が熱気に満ちていた。4月の東京・歌舞伎座第3部で上演された「桜姫東文章」。片岡仁左衛門、坂東玉三郎が描きだす妖艶、退廃的な世界に魅了され圧倒された。


 「東海道四谷怪談」で知られる四世鶴屋南北作。高僧の清玄、高貴なお姫さまである