ニューヨーク証券取引所=4日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

 ニューヨーク証券取引所=4日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比433・79ドル高の3万4021・45ドルで取引を終えた。米雇用情勢の改善や経済活動再開が進むことへの期待が広がった。

 朝方発表された米週間失業保険申請件数が約1年2カ月ぶりの低水準となった。米疾病対策センター(CDC)が新型コロナウイルスワクチンを接種すればマスク着用や対人距離の確保が必要ないと発表したことも好感した。

 前日までの下落要因となった長期金利が低下したことで、インフレ加速への懸念が後退した。