専門家らによる新型コロナの基本的対処方針分科会で発言する西村経済再生相=14日午前、東京・永田町

 専門家らによる新型コロナの基本的対処方針分科会で発言する西村経済再生相=14日午前、東京・永田町

 政府は14日夕、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、まん延防止等重点措置の対象に群馬、石川、岡山、広島、熊本の5県を追加すると決める。期間は16日から6月13日までとする方針。まん延防止措置の対象は8道県から13道県に増えることになり、変異株の流行を踏まえ、地方への感染拡大傾向がより鮮明になった。

 西村康稔経済再生担当相は14日午前、専門家らによる基本的対処方針分科会で、重点措置を5県に追加適用する方針を表明した。西村氏は「新規陽性者数の伸び率や病床使用率、療養者数などの指標が高い水準にあり、重点措置の区域に追加する必要がある」と述べた。