送検のため京都府警南署を出る山本直樹容疑者(右)=14日午後1時30分、京都市南区

送検のため京都府警南署を出る山本直樹容疑者(右)=14日午後1時30分、京都市南区

京都府警中京署から身柄を移される大久保愉一容疑者(後部右)=14日午後1時23分、京都市中京区

京都府警中京署から身柄を移される大久保愉一容疑者(後部右)=14日午後1時23分、京都市中京区

京都地検に入る山本淳子容疑者(14日午後2時16分、京都市上京区) ※画像の一部を加工しています

京都地検に入る山本淳子容疑者(14日午後2時16分、京都市上京区) ※画像の一部を加工しています

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への嘱託殺人罪で起訴された2人の医師らが一方の父親を殺害したとされる事件で、京都府警は14日、容疑者3人を殺人容疑で送検した。

 送検されたのは、死亡した山本靖さん=当時(77)=の息子で医師の直樹容疑者(43)、妻の淳子容疑者(76)、医師の大久保愉一(よしかず)容疑者(43)。2011年3月5日、共謀して靖さんを東京都内で何らかの方法で殺害した疑いがある。

 淳子容疑者は14日午後2時15分ごろ、移送車両に乗せられて京都地検に到着。フェースシールドを付けており、うつむきながら庁舎内に入った。

 山本直樹、大久保両容疑者は京都市中京区のALS患者の女性に対する嘱託殺人罪などで起訴されている。