カヌー・スプリント男子カナディアン日本代表で立命大出身の永沼崚(りょう)(26)=ユアテック=が、今月の日本選手権でシングル1000メートル3連覇、500メートル4連覇を飾り、国内で無類の強さを見せている。9年前には故郷の宮城県石巻市で東日本大震災に直面しており、「東京五輪で活躍すれば石巻への恩返しになる」。初の五輪出場へ闘志を燃やす。
 新型コロナウイルスの感染拡大で水上の練習ができない時期があっても、永沼に焦りはなかった。「筋力トレーニングなどやれることはある。あの時はまったく練習できなかった」。石巻商高2年だった2011年3月11日。北上川での練習を午前中で切り上げたため津波を免れたが、自宅は半壊した。同高の生徒10人が亡くなった。3カ月ほど部活動を休止したが、懸命に練習して8月に宮城で行われた全国高校総体で準優勝した。「あの経験があってこそ…