京都成章-京都国際 4回裏京都国際1死三塁、中川が右越えに2点本塁打を放つ(わかさスタジアム京都)

京都成章-京都国際 4回裏京都国際1死三塁、中川が右越えに2点本塁打を放つ(わかさスタジアム京都)

 春季京都府高校野球大会の決勝が16日、京都市右京区のわかさスタジアム京都で行われた。今春の選抜大会に出場した京都国際が13―0で京都成章に大勝し、新型コロナウイルスの影響で中止された昨年大会を挟み、2019年に続く2度目の優勝を飾った。22日に皇子山球場で開幕する近畿大会に出場する。

 京都国際は三回、平野の2点適時二塁打で先制。四回に中川が右越え2点本塁打、五回に武田が左越え2点本塁打を放って突き放した。前日の準決勝に続いて先発した森下が6回無失点で流れを作った。