16歳で挑んだ全日本選手権でポーズを取る(2018年9月16日、岡山県・岡山市役所本庁舎特設会場)

 

 

 2連覇を狙った全日本選手権は、タイヤがパンクするなどのトラブルに見舞われ結果は3位。表彰台では悔しそうな表情だった(右端)=2018年9月16日、岡山県・岡山市役所本庁舎特設会場

 

 

 五輪選考レースを前に行われた公開練習(2019年4月9日、向日市・京都向日町競輪場)

 

 

 空中でハンドルを回転させる(2019年4月9日、向日市・京都向日町競輪場)

 

 

 高いジャンプを決めハンドルから両手を放す(2019年4月9日、向日市・京都向日町競輪場)

 

 

 アクロバティックな技を披露する(2019年4月9日、向日市・京都向日町競輪場)

 

 

 ジャンプ台から飛び出す(2019年4月9日、向日市・京都向日町競輪場)

 

 

 「早い段階で代表を確実にする」と五輪出場への決意を語る(2019年4月9日、向日市・京都向日町競輪場)

 

 

 全日本選手権決勝で2年連続3度目の優勝を果たした(2020年9月21日、岡山県・岡山市役所本庁舎特設会場)

 

 

 全日本選手権決勝で競技の合間に出場選手と談笑する(2020年9月21日、岡山県・岡山市役所本庁舎特設会場)

 

 

 全日本選手権決勝で大技を決め高得点を出し2年連続3度目の優勝を果たした(2020年9月21日、岡山県・岡山市役所本庁舎特設会場)

 

 

 視線の先には世界がある。「五輪で『1位を取る』と自信を持って言えるように、またひたすら練習したい」(2020年9月21日、岡山県・岡山市役所本庁舎特設会場)

 

 

 東京五輪ではメダル候補に挙げられる。全日本選手権後の取材でも報道陣の注目度は高かった(2020年9月21日、岡山県・岡山市役所本庁舎特設会場)