彦根市役所

彦根市役所

 生活保護費を着服したとして、滋賀県警彦根署などは17日、業務上横領の疑いで、彦根市生活環境課副主査の男(45)=近江八幡市=を逮捕した。

 逮捕容疑は、市社会福祉課副主査として生活保護費の支給を担当していた昨年9月23日ごろ、市民1人に受給する5万2千円を着服した疑い。

 市によると、同年10月5日、受給者が生活保護費を受け取りに市役所を訪れた際に未支給が発覚。保管用の金庫に支給する現金がないことに、ほかの職員が気付き、今年3月、同容疑で同署に告訴したという。

 市は「保護費の管理方法やチェック体制を強化し、再発防止に努める」と謝罪した。