2年連続で中止が決まった佐伯灯籠(2019年8月、亀岡市薭田野町)

2年連続で中止が決まった佐伯灯籠(2019年8月、亀岡市薭田野町)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都府亀岡市で毎年8月14日に行われる国の重要無形民俗文化財の祭礼「佐伯灯籠」が中止となることが決まった。2年連続となる。

 コロナの感染状況が収まらないことから、役員会で中止を決めた。四社合同氏子総代会の大石慶明会長は「灯籠の作り方など技術の継承が大変心配だが、今年も断念せざるを得なかった」と話した。

 佐伯灯籠は薭(ひえ)田野、御霊、若宮、河阿(かわくま)の4神社が五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を願って合同で営む夏祭り。みこしや灯籠が薭田野町と吉川町の旧佐伯郷一帯を進む。地元の薭田野小の児童も祭りに向け、技芸員と人形浄瑠璃を練習するのが恒例となっている。