京都大

京都大

 ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)にゲノム編集を施して、移植後の免疫拒絶反応を回避しつつがん細胞を攻撃できるリンパ球「T細胞」を作製したと、京都大iPS細胞研究所のグループが発表した。遺伝子型にかかわらず多くの患者に適用できるiPS細胞を用いたがん免疫療法として、応用が期待できる。英科学誌ネイチャー・バイオメディカル・エンジニアリングに18日掲載される。

 T細胞の移植はがん治療などで注目されてきたが、患者本人の細胞を用いると製造費用が高価で品質が安定しないなどの欠点があるという。一方、患者がドナーから提供を受ける場合、拒絶反応によって移植後に十分に機能しないことが課題となっている。

 同研究所の金子新教授らはiPS細胞からT細胞を作る際に拒絶反応の原因となる複数の遺伝子を改変することで、移植後に攻撃を受けにくくなる技術を確立した。その技術を用いつつ、がんを攻撃する能力を強化した「CAR-T細胞」を作製。がんのモデルマウスへ移植すると、遺伝子を改変しなかった場合と比べて腫瘍を小さくする効果があった。

 金子教授は「iPS細胞の段階で複合的に遺伝子改変することが、患者を選ばないユニバーサルな免疫療法につながる可能性を示せた」と話している。