京都府舞鶴市

京都府舞鶴市

 京都府舞鶴市は、17日夕方の強雨で同市円満寺や引土の20世帯が床下浸水した、と18日発表した。付近のポンプ場建設工事の影響で用水路があふれたという。

 市によると、浸水は17日午後5時から約1時間発生した。市は大手川と高野川の合流点で内水氾濫防止のポンプ場建設を進めており、大手川の一部を矢板で締め切っていた。仮設ポンプで排水していたが、能力を超える10分間で10ミリの降雨で、大手川につながる用水路があふれたという。

 締め切り工事は6月中旬までの予定で市下水道整備課は「想定より梅雨入りが早かった。仮設ポンプ増設や排水ポンプ車を配備して対応したい」としている。